フリーダイヤル0120-816-055

営業時間 9:00-17:00(土日祝日休)

console.log("postID: 589");console.log("カウント: 1048");

2023.10.01

『真夜中の夜景』

突然ながら、私は真夜中の夜景を見るのが大好きなんですね。2時3時とかの真夜中です。何で真夜中やねん?って言われそうですが。

確かに夜景が一番きれいなのは恐らく9時10時くらいでしょうか。しかも真冬はホント綺麗です。

100万ドルの夜景とはよく言ったものですが、考えてみましょう。100万ドル…現在の日本円で1億3千万円… いやいやいやいや。そんな安くないでしょ。1億3000万円ごときでは、あんなに素晴らしい夜景にはなりませんよ。

最低でも100億ドルくらいかかってるかもしれません。

そんなことはどうでもいいとして…

 

なぜ真夜中かって言うと、真夜中の夜景で見える光を思い浮かべてください。殆どの家の電気は消えています。看板とかの光も消えてることが多いですね。目に飛び込んでくるのは、街灯とか信号が多いでしょうか。

 

9時10時の夜景の光は“自分のため”に光ってるものが多いんです。家の光や、宣伝をするための看板の光がすごく目立ちます。

でも、夜中の2時3時の光って、“他人のために光って”いるモノが多いんです。街灯だって、人がつまづかない様に一生懸命。信号だって人が事故をしないように24時間眠らずに光り続けています。なぜだか健気に思えてきます。

 

だから、夜中の夜景を見るといつも思います。こんな光で在りたいなと。

自分だけが光るのではなく、人を導ける・輝かせることが出来る光でありたいものです。

そう思いながらも、やっぱり自分!自分!となってしまうのが人間です。自分さえよければ良い…と考えてみたり、結果的に自分が一番得をするように行動してしまったり。

そんな時は2時3時の夜景を思い出すようにしています。

 

こんな話をしていると、こんな質問が来そうです。

「朝方の3時・4時の夜景はどんなですか??」と

 

お答えします。

 

『さすがに眠いので寝てます』